アメリカ

転職時の履歴書にも書ける!英語関連の資格特集

英語を使う企業は多数、英語ができるアピールをしよう 人事の人が面接や書類を通して判断する基準の一つに、「企業にとって役に立つかどうか」ということがあります。 新卒のときはやる気はその人の個性、[...]

英語を使う企業は多数、英語ができるアピールをしよう

人事の人が面接や書類を通して判断する基準の一つに、「企業にとって役に立つかどうか」ということがあります。

新卒のときはやる気はその人の個性、印象などだけで判断してもらえることが多いですが、転職活動を通して中途採用してもらう場合は、そうはいきません。人柄に加え、持っているスキルや経験が、人事の心をつかむための必須項目としてかかせないものになります。

特に書類は、その人を見るための地図のようなもの。履歴書には自分の経歴やスキルをしっかりと記入し、企業に役立つ人材であることをアピールする必要があるのです。とはいえ、さまざまな資格があふれていることもあり、どんなスキルをアピールするべきかわからない人も多いかもしれません。

そこで、いちばんストレートにスキルを証明できるのが、「英語」。

英語スキルを必要とする企業は年々増えています。たとえば直接業務に英語が関係なくても、情報収集に英語のwebサイトを見ることができる、外国人客に接客できる、など英語を活用するタイミングはいくらでもあるからです。ではいったいどの資格を取れば、英語力を印象づけられるのでしょうか。

定番はやはり、TOEICと英検

わかりやすい指標でいえばやはり、TOEICと実用英語技能検定(英検)でしょう。

知名度もかなり高いので、英語資格に詳しくない人でも、すぐにレベルを判断することができるからです。特にTOEICはビジネス英語を中心とした試験。仕事で英語を使うような企業であれば、勉強を役立てることができるでしょう。ちなみにTOEICであれば600点以上、英検は2級以上であれば、履歴書に記入してもよいレベル。英語を使う企業であれば、もっと得点しておく必要があり、英検は準一級あると幅が広がります。

海外留学できるほどの高い英語力を証明しよう

英検やTOEICの試験は基本的に国内でのみ通用する試験です。

英語力の指標としては申し分ないのですが、もっと英語を活用したい、いずれは海外で活躍したい、と思っている場合は、より専門的な資格を取得してみてはいかがでしょうか。

たとえば、TOEFLは海外の大学や大学院に入学したい人、海外企業に勤めたい人におすすめの資格。日本国内では高度の英語学習者にしか知られていませんが、海外ではかなり知名度の高い資格です。記述試験だけではなく、口頭試験もあるので、スピーキング能力も試すことができます。

ほかにはIELTSも取得しておくと英語力をアピールする指標になります。IELTSは世界じゅうの教育機関、政府機関などでも活用されている資格。こちらで高得点を取得すれば、海外移住しても問題ないほどの語学力があるという証明になります。

英語を使って仕事をしよう!専門職への足掛けに

一般企業で英語を活用したり、海外で活躍したりという手段ももちろん有効ですが、英語を学んでいる人の中には、英語の専門職に就きたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

たとえば、英語の専門職で人気があるのは通訳、翻訳の仕事です。この二つは特に資格を必要とはしていないのですが、実力を証明するために資格を取ることは、有効といえるでしょう。

通訳であれば、一般的には通訳案内士の資格がおすすめ。専門的にやりたい分野が決まっているのであれば、それに合わせて取得するのもよいでしょう。

ビジネスで役立てたいならビジネス通訳検定、観光ガイドをしたいのであれば、観光英語検定試験などを取得しておけば、基礎知識を持っているアピールをすることができます。翻訳家を目指している方は、翻訳専門職資格試験や翻訳検定などが挙げられます。

英語の資格はこれ以外にもたくさんありますが、重要なのは、英語力があることを通して、どんなことをアピールしたいかということ。海外で活躍したいのであればIELTSやTOEFLが有効ですが、国内で英語を駆使したいのであれば、TOEICや英検のほうが、知名度が高く、わかりやすい指標となるでしょう。自分がアピールしたい相手や職種に合わせて、受験する資格を選ぶのがよいですね。

資格以外で英語力をアピールする方法


高校から直接アメリカ大学へ進学するには|NCN米国大学機構

ちなみに、資格以外で英語力をアピールする方法としては、留学などが挙げられるでしょう。現在は、留学方法を詳しく紹介する動画や専門サイトなどもあり、数多くの学生が留学に挑戦しています。

アメリカやカナダのように英語が公用語となっている国に留学した経験があれば、とくに資格が無くても「日常英会話が身についている」と暗に伝えることができます。これが留学ではなく、実際に企業で働いていたともなれば「ビジネスレベルの英語力が習得できている」と判断もされやすくなるでしょう。このような経験があれば、履歴書や面接などを通じて積極的にアピールすべきです。

ただし、あまりに話を大きくしすぎてしまうと、相手からの期待も比例して大きくなるぶん、実力が無い人ほど後々の評価がガクっと下がることに繋がりかねません。したがって、この方法は「相応の英語力が身についている」と自信を持って言える人でなければ、使用そのものを控えたほうがいいでしょう。

Share
© 2017 - 2020 Business Garden All Rights Reserved. | サイトマップ