英語圏

英会話スクールで英語が上達する人としない人の違いは?

自分に合った英会話スクールを選んでいますか? 今年こそ英語を話せるようになりたい、そんなふうに考えている日本人は多いもの。ところがせっかく勉強しても、なかなか上達せずに結局話せないまま、なんてことも[...]

自分に合った英会話スクールを選んでいますか?

今年こそ英語を話せるようになりたい、そんなふうに考えている日本人は多いもの。ところがせっかく勉強しても、なかなか上達せずに結局話せないまま、なんてこともよくある話です。英会話スクールに通うなどしてお金を払っても上達しないのでは、せっかくのお金と時間が無駄になってしまいます。では、同じように上達する人としない人の差はいったいどこにあるのでしょうか。ここでは、英会話スクールに同じように通って、上達する人としない人がいる理由を考えてみましょう。

一つの理由としては、自分に合った英会話スクールを選べていないということがあります。たとえば仕事で活用したい英語を学びたいのに、一般的な英会話スクールに行くのは非効率。ビジネスで使う英語と日常会話で使う英語は違うからです。ほかにも、たくさんの人と会話をしたいのであれば、複数の生徒で学べるところに行けばよいのですが、とことん自分の癖や話し方をなおしたいのであれば、マンツーマンで教えてもらうべきです。
なんとなく家から近いから、評判がよいからなどといった理由だけで選んでいると、いつまでも自分にぴったりの学習法に出会えません。上達するためには、ある程度の目的と学びたい雰囲気をイメージすることが必要となります。

とにかく練習しなければ上達しない

英語を話そうとするとき、どうしても自分の発音やボキャブラリーなどが気になって、なかなか話始められない人がいます。日本人にありがちなのですが、失敗するのが恥ずかしく、声に出せないでいると、じつはとても損。上達する人たちがどんなふうに話せるようになっていっているのか知っていますか?失敗を恐れずどんどん話しているから、どんどんうまくなっていくのです。

たとえば、日常で外国人に出くわしたとき、片言の日本を聴いてどう思うでしょうか。片言だからといって、「こんなの日本語じゃない」とは思わないはず。ネイティブから見た日本人の英語も同じことで、片言だからといって笑う人は一人もいません。むしろ、片言の日本人に親切に英語を教えてくれることもあるかもしれません。とにかく話してみれば、意外と「通じる」という自信を持つことができます。英会話スクールはそんな練習をいくらでもできる場所。間違いを指摘してもらえる場所でもあるので、どんどん話してみて改善していくことも必要です。いつまでも自分の中だけで学習を続けていても、なかなか上達しないもの。自分にとって適切な英会話スクールを選び、トライ&エラーを繰り返していくことこそが、英語上達のカギといえるでしょう。

英語を英語としてとらえよう

英語がうまくならない人の特徴の一つに、何でもかんでも日本語に置き換えようとしてしまうことがあります。実際に英語で話しかけられたとき、日本語に置き換えてからまた日本語で考えて、それを英語に変換してと考えていると、とても時間がかかるのは当たり前。レスポンスが遅くなり、会話が成立しなくなってしまうのです。

そもそも英語と日本語では組み立て方が違うことを理解しておきましょう。英語は日本語とは全く違う別物だと思っていれば、その中で自然と理解力も高まり、会話に役立てることができます。特に会話はテンポよくやりとりをすることが求められるもの。簡単な言葉でもよいので、とにかく英語をそのまま理解し、返すトレーニングをしてみてください。

Share
© 2017 - 2020 Business Garden All Rights Reserved. | サイトマップ