コミュニケーション

コミュニケーション能力をつけるには

相手の話をちゃんと聞いていますか? コミュニケーションというのは自分と相手の意思疎通をはかること。 自分が思っていることと、相手の思っていることをきちんと交換することが目的となっています。 しか[...]

相手の話をちゃんと聞いていますか?

コミュニケーションというのは自分と相手の意思疎通をはかること。
自分が思っていることと、相手の思っていることをきちんと交換することが目的となっています。
しかしながら、コミュニケーションが苦手な人はたいてい、相手の話をちゃんと聞いていないか、自分の話ばかりをしてしまう人が多いのかもしれません。

相手の話を聞いていないというのは、何も無視しているということではありません。
相手が何を伝えたいかをちゃんと考えているかということが重要になります。
いま話してくれたことで、自分が気になることや興味がわくことがなかったか、自分の中にも同じような経験、あるいはまったく逆の経験がなかったか。
相手の言葉をきちんと受け止めて、自分の中で咀嚼することが、コミュニケーションの第一歩です。

うまい言葉を返す必要はありません。
なんて返そう、などは考えなくてよいのです。
相手の言葉を受け取り、自分なりの言葉を返すことで、コミュニケーションは成立します。

自分から話しかけることで次のステップへ進める

コミュニケーションが得意な人は、人の懐に入っていくことが上手な人です。
苦手な人にとってはとてもハードルが高いことかもしれません。
しかし、人の懐の奥深くまで入ることは誰にだって難しいこと。
まずは少し距離を詰めることを考えてみてはいかがでしょうか。

たとえば、会ったら挨拶をする、そのときに少しだけ、天気の話や今日の予定、昨日の出来事などを話してみましょう。
あらかじめ、人に会ったら何を話すか、話題を考えておくというのも一つの手です。
このとき、自分の話だけで終わらせず、相手の言葉にも耳を傾けます。
お互いの気持ちを少しだけ交換してみてください。

コミュニケーション能力は、短時間ですぐにぐんと伸びるものではありません。
しかしながら、少しずつ確実に、伸ばしていけるものでもあります。

緊張するかもしれませんが、少しずつ、自分から話しかけてみることを心がけてみましょう。そして相手の話をきちんと聞く。
これだけ?と思われる方も多いかもしれませんが、これがきちんとできている人は少ないですし、それだけでコミュニケーション能力はきちんと上がります。

笑顔で身振りをつかって対応する

相手の気持ちをきちんと聞いて、自分の言葉で返すこと。
これが一番大事なのですが、さらにコミュニケーションを円滑に進めるには、そのときの反応の仕方にもあります。

たとえ意思疎通が図れていたとしても、相手が自分の話を棒立ちでぶすっとした顔をしながら聞いていたら、どう思うでしょうか。
少なくとも、嬉しい、安心するなどと言ったポジティブな感想は、出てこないのではないでしょうか。

話を聞くだけではなく、きちんと相手の話を聞いているよ、という合図が必要なのです。
笑顔で、身振りや手ぶりを使いながら話したり、反応したりしている人を見たときのことを考えてみてください。
自分の話を楽しそうに聞いてくれているな、楽しく過ごしてくれているなと感じることができるはず。

コミュニケーションをとるというのは、お互いの時間を共有するということでもあります。
相手によい印象を持ってもらえるように心がけてみましょう。

Share
© 2017 - 2020 Business Garden All Rights Reserved. | サイトマップ